Uber Eats の配達パートナーになるにはどうしたらいい?|必要なもの|支払いの仕組み|登録の仕方

Uber Earts 配達パートナー

Uber Eatsウーバーイーツ)は、ファーストフード店や行列のできるレストランまでスマホのアプリやウェブサイトから好きな料理を注文できるフードデリバリーサービスです。

注文したことがある方は多いかと思いますが、Uber Eats の配達パートナーになるにはどうしたらいいのでしょうか?

  • どうゆう風に働くの?
  • 登録の仕方は?
  • 必要なものは何かな?

など、配達パートナーを始める前に知っておきたいことがたくさんあると思いますが、まずはじめに、Uber Eats の配達パートナーになるメリットをお伝えしたいと思います!

Uber Eats の配達パートナーになるメリット
  • 好きな時間に働ける
  • ノルマがないので気楽に働くことができる
  • 配達パートナーの報酬が週ごとに入る
  • クエスト制度によって楽しく配達することができる

などいろんなメリットがあります!

特に、バイトを探している学生さんや、働いているけどもう少し収入が欲しい社会人の方でも、空いた時間に働けるということが最大のメリットだと思います。

まずは、どんな仕事なのかを説明していきますね!

\Uber Eats 配達パートナープログラム/
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

Uber Eats の配達パートナーとは?

Uber Eats 配達パートナー

自転車や原付バイクなどで注文者の元に料理をお届けするUber Eats の配達パートナーのお仕事になります。

アプリをオンラインにすると、近くのレストランから配達依頼が届き、料理を受け取り、アプリ上の地図に従って注文者へとお届けします。

好きな時間に稼働ができ、週単位で収入を得ることができます。

ピークタイムは、

  • ランチタイム
    午前11 時〜午後2時
  • ディナータイム
    午後 6〜9時

になります。

この時間にアプリを起動しておくと配達依頼がたくさん来るので、たくさん稼ぎたい人はピークタイムを狙って働きましょう。

また、季節でもピークの時期があるようです。

  • うだるように暑い夏
  • 雨の日
  • 木枯らしの吹く寒い日

など、みんなが外出したくない時に注文が多いようです。

確かに、外に出たくない時に家で何か食べたい時、料理を注文が増えるのもわかる気がします。

【重要】Uber Eats の配達パートナーの雇用形態は?

Uber Eats の配達パートナーは、「個人事業主」としてレストランパートナーから委託される配達業務を受ける形で行われています。

業主として確定申告などの税金の支払いも個人で行う必要がありますので、その辺りも理解して配達パートナーに登録しましょう。

支払いの仕組み

Uber Eats の配達パートナーになると、週払いで報酬が得られます。

その仕組みも理解しておきましょう。

Uber Eats の配達パートナーへの支払いは、

配送料 ー サービス手数料 + プロモーション + チップ

  • 配送料
    基本金額 + 配達調整金額
  • サービス手数料
    Uber Eats サービス手数料10%が差し引かれます。
  • プロモーション
    ブースト、クエスト、オンライン時間インセンティブなど
  • チップ
    注文者からチップがいただけます。チップはサービス手数料の対象とならず 100 %配達パートナーが獲得します。

※報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります。

という計算で支払い金額が決まります。

ブースト」ってなんだろ?

ブースト」とは、配送料の基本料金を一定の倍率で増額する仕組みで、忙しい時間帯に設定される場合が多いです。

アプリのプロモーションに表示されますが、「ブースト」は人によって異なり、登録完了から最大2週間程度かかります。

では、「クエスト」とは?

クエスト」とは、ブースト以外に適用されるインセンティブで

  • 雨の日インセンティブ
  • 回数インセンティブ

などがあります。

最後に「オンライン時間インセンティブ」は何?

オンライン時間インセンティブ」とは、指定された時間において、配送料とブーストを合わせた金額が一定額に満たなかった場合、その差額を支払ってくれる仕組みです。

ブースト」や「クエスト」などのインセンティブがあるともっと頑張りたい!というやる気が出ていいと思います!

Uber Eats の配達パートナーの登録の仕方

Uber Eats 登録

よし!では、Uber Eats の配達パートナーになろう!という意気込みになった方は、ウェブサイトから自分の情報を登録していきましょう。

Uber Eats の配達パートナー登録に必要な物

Uber Eats の配達パートナーに登録するには、必要なものや条件がありますので、以下を確認してください。

全車両共通
  • 18歳以上
  • プロフィール写真が必要
自転車の場合
  • 写真付きの身分証明書
    パスポート・運転免許証・マイナンバーカード・住民基本台帳カードのいずれか
    *学生のみ学生証+健康保険証で登録できます。
原付バイク(125cc以下)の場合
  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真
軽貨物またはバイク(125cc超)の場合
  • 運転免許証
  • 自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
  • 自動車損害賠償責任保険の証明書
  • 任意保険または共済保険の証明書
  • ナンバープレートの写真

上記のものを用意して配達パートナーに登録しましょう。

アカウント登録の手順

以下の手順で登録していくとスムーズに登録できます。

登録の手順
  • STEP1
    ウェブサイトよりアカウントを登録する

    Uber Eats のウェブサイトへ行き、自分の情報をアカウント登録し、必要な書類をアップロードします。

  • STEP2
    配達バッグを購入
    Uber Eats バッグ

    書類の承認中にメールが送られてきます。そこに配達バッグ購入の案内もありますので、案内に従って配達バッグを購入します。

  • STEP3
    審査が完了すれば稼働開始

    Uber Driver アプリをインストールし稼働開始してください。

よくある質問

Q1
配達時に必要なものは何ですか?
A1

● 自転車または原付バイク
● スマートフォン※インターネット環境、SMS受信可能な電話番号が必要です
● 配達用バッグ
が必要です。

Q2
配達ではどのような車両が使えますか?
A2

● 「自転車」もしくは「125cc以下の原付バイク」
● 個人で事業用ナンバーを取得済みの「軽自動車」または「バイク(125cc超)」
レンタルのオプションについては、パートナーセンターにてご確認ください。

Q3
保険は提供していますか?
A3

自転車登録されている Uber Eats 配達パートナーに対し、配達中の対人・対物事故の補償をいたします。
詳細についてはウェブサイトをご覧ください。

Q4
質問があればどこに問い合わせれば良いですか?
A4

アプリ内の「ヘルプ」ページよりお問い合わせください。
配達中のトラブルに関しては、パートナーセンターにて提供する電話番号までお問い合わせください。

まとめ

Uber Eats の配達パートナーは、登録して審査に合格すると実際に働くことができます。

自由な時間に働くことができ、自分の頑張り次第で報酬を得ることができます。隙間時間を活用して、安全運転を心がけ、優秀な配達パートナーになりましょう。

\Uber Eats 配達パートナープログラム/
【a】Uber Eats 配達パートナー募集

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました