1回目で違い実感!導入美容液シャンプーで髪を洗おう|PPT配合

スポンサーリンク
シャンプー

毎日、シャンプーの後にコンディショナーを使って、指通りを良くすると思いますが、シャンプーに美容液成分が入っていたらどうでしょう?

シャンプーするごとに、髪が綺麗になり、髪が健やかに美しくなります。最近は、そんなシャンプーがあるんです!

それは、「 PPT」配合のシャンプーです

PPT」ってなんだろうと、私もはじめわからなかったので、詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

「PPT」とは

PPT」とは、Polypeptideポリペプチド)の略語でタンパク質加水分解物のことです。つまり、水を加えて細かい単位に分解したタンパク質のことです。分解して水に溶けやすくなっているので、化粧水シャンプーなどにも配合しやすいのです。

髪は、タンパク質でできているので、この「PPT」が配合されたシャンプーで髪を洗うと、みるみる髪の毛が生まれ変わってきます。

PPT」の特徴は次の通りです。

PPTの特徴
  • 髪と同じ構造を持つ
  • 髪のダメージを抑え、補修する
  • 水に溶けやすいので、シャンプーなどにも溶けやすい

髪はすでに死んでしまった細胞でできているので、自分で修復することができません。つまり、一度髪がダメージを受けてしまうと、失われた髪のタンパク質は元に戻ることができないのです。

そこで、タンパク質と同じ構造を持ち、且つ、分子量の小さい「PPT」配合のシャンプーを使うことで、失われたタンパク質を補修し、髪のダメージを取り戻すことができます。「PPT」は主に、シャンプー洗浄成分として使われています。

次の項目では、そのシャンプー洗浄成分について解説します。

シャンプーに使われている洗浄成分について

シャンプーの中には、頭皮の汚れを落とす界面活性剤という成分が入っていますが、「PPT」もその界面活性剤として使われています。界面活性剤には、自然界にある天然成分で作られたものと、人工的に作られた成分と大きく2つに分けることができます。

界面活性剤の種類

自然界にある天然成分で作られた界面活性剤は、「アミノ酸系」と「PPT系」と2種類の物があります。

一方、人工的に作られた成分の界面活性剤は、「石油系」と「高級アルコール系」の2種類のものがあります。

市販のシャンプーは、人工的に作られた界面活性剤が使われたものが多いです。人工的に作られた界面活性剤は洗浄力が強く、頭皮の汚れは良く落ちますが、髪には強すぎてパサつく原因にもなっています。

なので、できれば天然成分で作られた界面活性剤で作られたシャンプーの方が、髪に優しくしっとり柔らかな手触りになります。

アミノ酸系とPPT系の違い

天然由来の界面活性剤の方が髪に良いということはわかりましたが、では、「アミノ酸系」と「PPT系」の違いはなんでしょうか?

美容師さんに聞いたところ、「アミノ酸系」のシャンプーは、今の髪を維持することはできる。一方、「PPT系」は、使えば使うほど髪質が良くなっていくとおっしゃっていました。

調べてみると、アミノ酸を1とすると、「PPT」はアミノ酸が4〜20個連なったもの、タンパク質アミノ酸が100〜数千個連なったものなのだそうです。

ダメージを受けた髪にはアミノ酸は小さすぎて、すぐ洗い流されてしまうようです。「PPT系」の方が、髪に吸着しやすく、保湿力が高まり、より滑らかな指通りを実感できます。

「PPT」のメリット・デメリット

次に、「PPT」のメリットとデメリットを説明していきます。

「PPT」のメリット

PPT」は髪と肌と主成分が同じなので、低刺激で優しい成分です。敏感肌の方や、ダメージを受けた髪などにも優しく作用します。赤ちゃんにも全身使うことができます。

「PPT」のデメリット

天然成分を絞り出すなど手間がかかってしまうので、価格が高くなってしまいます。

「PPT」配合のシャンプー

では、「PPT」配合のシャンプーは、どう探したらいいのでしょう?それは、裏面に書いてある成分表を見るとわかります。「PPT」は加水分解されたタンパク質なので、「加水分解◯◯◯」という表示を探してみてください。

「PPT」の成分表の表記
  • 加水分解コラーゲン(コラーゲン)
  • 加水分解ケラチン(ケラチン)
  • 加水分解シルク(シルク)
  • 加水分解コンキオリン(パール)
  • 加水分解カゼイン(牛乳)
  • 加水分解乳タンパク(牛乳)
  • 加水分解ダイズタンパク(大豆)
  • 加水分解水添デンプン(トウモロコシ)
  • 加水分解ゴマタンパク(ゴマ)
  • 加水分解ハトムギ種子(ハトムギ)

など、主なものは上記になります。

気になる「PPT」配合のシャンプーの成分表を見て探してみてください。

「PPT」配合シャンプーの紹介

PPT」配合のシャンプーは、どんなものがあるかいくつか紹介します。

LUFT(ルフト)

LUFTルフト)のシャンプートリートメントには、加水分解コンキオリン(パール)、加水分解コラーゲン加水分解ダイズタンパク加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルクの「PPT」が配合されています。

楽天市場では、各500mlで3,800円(税込)、送料無料、★4.44(2021/09/02現在)です!

アイナボーテ

アイナボーテのシャンプーには、加水分解コラーゲン加水分解シルク加水分解ケラチンの「PPT」が配合されています。

「美ST1月号」、「LDK3月号」にも掲載されたそうです。

楽天市場では、アイナボーテシャンプーは、400mlで3,850円(税込)、★4.16(2021/09/02現在)です。

oggi otto(オッジィオット)

oggi ottoオッジィオット)のシャンプーには、加水分解コラーゲン加水分解ケラチン加水分解ダイズタンパク加水分解シルク加水分解カゼイン加水分解水添デンプン加水分解ゴマタンパク加水分解コンキオリン(パール)、加水分解ハトムギ種子(ハトムギ)の「PPT」が配合されています。

探した中で一番「PPT」が配合されている、オッジィオットシャンプーは250ml、マスク180gのセットで9,500円(税込)と少しお高めですが、楽天市場では、★は4.86(2021/09/02時点)と高得点です。

オッジィオットは限られた美容院で使われているシャンプーで、香りも素晴らしくいいです。お値段は少ししますが、使われた方はほとんど満足すると思います。

ZACCパールリッチシャンプー

ZACCザック)は表参道で有名な美容院で、有名人で公表されている方で、紗栄子さん、トリンドル玲奈さん、華原朋美さん、水谷豊さんなどの行きつけの美容院です。

ZACCパールリッチシャンプーには、加水分解コラーゲン加水分解シルク加水分解コンキオリン(パール)の「PPT」が配合されています。

ZACCパールリッチシャンプーは、コンディショナーとセットで6,380円(税込)です。定期購入にすれば、2回目以降は5,742円(税込)になります。各400mlです。

まとめ

私も今現在、「PPT」配合のシャンプーを使っていますが、初めて使った時にすでに違いがわかりました。ツルツルの指通りで、髪にとても良いと感じました。毎日使うことで、より髪が健康になっている実感があります。

美容師さんいわく、痛みすぎた髪は、なかなか泡立たないそうですので、地道に毎日使っていくことが重要です。

ぜひ、みなさんも自分にあった「PPT」配合のシャンプーを見つけて、美しい髪を目指していってください。

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました