MENU

どれを選んだらいい?染まりやすさ・きしみにくさ・口コミで選ぶおすすめムラサキシャンプー3選

おすすめムラサキシャンプー3選
  • 美容院でカラーリングしたけどすぐ色落ちしてしまう
  • カラーリングした髪が色落ちして黄色い髪の色になってきた
  • 白髪ぼかしでハイライトを入れたけど白髪とあんまりなじまない

というカラーリングの悩みを感じたことはありませんか?

カラーリングした髪は、シャンプーするたびに色が落ちていきます。特に洗浄力の強いシャンプーを使うと、綺麗な髪色からどんどん色が抜けていきます。

そんな時に、美容師さんからおすすめされるのが「ムラサキシャンプー」だと思います。

「ムラサキシャンプー」は、

  • 濃く入るもの
  • 泡立ちが良いもの
  • 髪がきしみにくいもの

など、製品によって色々な特徴がありますので、おすすめの「ムラサキシャンプー」を紹介したいと思います。

\おすすめムラサキシャンプー/

この記事を書いた人

あさり
白髪染めやめた人
あさり

白髪染めやカラーリングをしても
すぐにまた根元が気になってしまう…そんな経験ありませんか?
そんな悩みをなんとかしたいと、
いろんなカラートリートメントや方法を調べたどり着いた答えが、
「白髪を生かしておしゃれを楽しむ」
↓↓↓
「Greyhair × Highlight」
白髪を生かして魅せる方法です!
もう、白髪には悩みません!!

目次

ムラサキシャンプーをおすすめする人・おすすめしない人

ムラサキシャンプーをおすすめする人は、

  • ブリーチをしている方
  • カラーリングの色持ちを長持ちさせたい方
  • 黄色っぽさが気になる方

です。

ハイライトも含まれますが、ブリーチをしている方はムラサキシャンプーをおすすめします。ブリーチなどの黄ばみにムラサキを入れるとより白っぽい髪色になります。

また、カラーリングをした後は、どんどん色落ちしてきてしまうんですが、「青色」と「赤色」は色落ちしやすいカラーになります。そんな「青色」と「赤色」が混ざった「紫色」を髪の毛に入れることで、カラーリングの色持ちが良くなります。

一方、ムラサキシャンプーをおすすめしない方は、

  • 黒髪・髪色の濃い方
  • オレンジ・赤みが強い方
  • カラーよりもヘアケア重視の方
  • 綺麗好きな方

です。

黒髪や髪色の濃いの方は、「ムラサキ」にかかわらず「色」が髪の毛に入りません。

また、オレンジや赤みが強い方も、ムラサキシャンプーでは「赤み」はとれませんので、そういった方は「シルバーシャンプー」や「アッシュシャンプ」をおすすめします。

そして、ムラサキシャンプーをはじめカラーシャンプーにはダメージ補修力がないので、カラーシャンプーで髪の毛を洗った後は、髪がきしみます。ヘアケア重視の方にはおすすめしません。

さらに、ムラサキシャンプーで髪の毛を洗った後、壁や床などにシャンプーがついてそのままにしておくと、色がついて取れなくなってしまいますので、気をつけましょう。

よく染まるムラサキシャンプーの仕方

ムラサキシャンプーを使う時に、よく染まるように気をつけるポイントがいくつかあります。

気をつけるポイント
  • シャワーの温度は少し冷たいくらいの温度(36〜38℃)にする
  • 予洗い後のタオルドライはしっかりする
  • たっぷりのムラサキシャンプーを使う
  • シャンプー後はなるべくすぐに髪を乾かす

シャワーの温度が高すぎると、カラーが落ちやすくなってしまうので、なるべくぬるま湯を使うようにしましょう。

そして、しっかり水気を取った髪の毛にたっぷりのムラサキシャンプーをつけると、より効果的に髪の毛に色が入ります。

また、髪の毛が濡れたままだと色が抜けやすくなります。なるべく早く髪の毛を乾かすようにしましょう。

以上のことをふまえて、

よく染まるムラサキシャンプーの使い方の手順を説明していきます。

STEP
普通のシャンプーで軽く洗って汚れを落とす
ぬるま湯ですすぐ

ムラサキシャンプーは、「シャンプー」という名前が付いていますが、実は、洗浄力がほとんどありません。髪を洗うというより、髪色を保つための「カラー剤」と思った方がいいかもしれません。

そのため、ムラサキシャンプーをする前は予洗いすることをおすすめします。

ワックスやスタイリング剤をつけた髪の毛を綺麗にするために、まずは、普通のシャンプーで軽く洗ってください。

STEP
タオルドライする

普通のシャンプーをしたあとは、しっかりタオルドライしてください。

このタオルドライが結構ポイントで、水分が残っているとムラサキシャンプーの効果が落ちてしまうので、しっかり水分を拭き取りましょう。

STEP
カラーシャンプーを泡立てないように髪の毛にたっぷりつける

泡立てるというよりは塗るイメージでムラサキシャンプーを髪につけていきます。

量は普通のシャンプーの3倍くらいを目安に、手のひらに紫シャンプーを広げてたっぷりつけていきます。

少し泡立ってきますが、泡が白っぽくなったら効果はないので、原液を髪全体につけていきます。

STEP
5〜15分ほど置く

より紫色を髪に浸透させるために、5分〜15分ほど置きます。

まずはじめにシャンプーして、この置いている間にお風呂に浸かると時間を効果的に使えます。

私は、この時間にお風呂の掃除をしてしまいます。

STEP
揉み込んで全体になじませ洗い流す

時間を置いたら、髪を揉み込んでムラサキシャンプーを泡立て、髪全体になじませたら、しっかり洗い流します。

この時に、洗い流しが足らないと、タオルや枕にカラーがついてしまうので、水の色が透明になるまで洗い流します。

STEP
トリートメントをする

ムラサキシャンプーは「ダメージ補修力」もありません。ムラサキシャンプーをしたあとは基本的に髪はきしみます。なので、最後にトリートメントをして指通りをなめらかにしましょう。

STEP
シャンプーしたらすぐに髪の毛を乾かす

シャンプーをした後は、キューティクルが開いた状態なので、水分と一緒にカラーが流れ出る状態になっています。

すぐに髪の毛を乾かすことでキューティクルを閉じ、カラーを髪の内部に留めておきます。

おすすめのムラサキシャンプー

おすすめヘアシャンプーを決めた基準

「色の入りやすさ」「きしみにくさ」「コスパの良さ」「口コミ」

といった4つのポイントを評価基準にして、わたし基準で選びました。1つの意見として参考にしてもらえればと思います。

おすすめのムラサキシャンプー

  1. KYOGOKU
  2. クオルシア
  3. ソマルカ

おすすめ①:KYOGOKU

KYOGOKU ブルーパープルシャンプー
項目詳細
価格200ml/3,267円
カラー
バリエーション
▶︎ピンクパープル
▶︎ブルーパーブル
▶︎ブロンド
▶︎アッシュグレー
▶︎オリーブアッシュ
染まりやすさ4.8
きしみにくさ4.7
コスパの良さ3.8
口コミ4.13
(全体407件)
おすすめ度4.6
※税込価格

「KYOGOKU」のカラーシャンプーは、

実際にいつもカラーリングされている美容師さんが、より使いやすくするために作ったカラーシャンプーです。

だから、こだわりがすごいです。

  1. 必要最低限の調整剤を使用
  2. 水へのこだわり
  3. 染料の配合を追求

しています。

実際使ってみると、色の入りもとても良く、洗った後のきしみも少ないです。

カラーシャンプーをするときは、色がより入るように、髪の毛にシャンプーを原液でつけて5分〜15分ほど置くんですが、

「KYOGOKU」のムラサキシャンプーは、1分置けば色が入ります。

今は、私もメインは「KYOGOKU」のムラサキシャンプーを使っています。

毛束を使って色の入り具合を実験しました

毛束3回テスト

このような色の変化になりました。

「KYOGOKU」の詳しい内容や口コミなどは下記の「もっと詳しくチェック>」から見てみてね!

\実際使ったわたしのレビュー/

\公式サイトをチェック/

おすすめ②:クオルシア

クオルシア パープルシャンプー
項目詳細
価格250ml/1,870円
1000ml/4,800円
カラー
バリエーション
▶︎ピンク
▶︎アッシュ
▶︎パープル
▶︎オレンジ
染まりやすさ4.5
きしみにくさ3.5
コスパの良さ4.0
口コミ4.5
(全体3,554件)
おすすめ度4.5
※税込価格

美容師さんに「一番色がよく入るよ!」とおすすめされたムラサキシャンプーが「クオルシア」です。

使ってみると確かに色がよく入り、おすすめされた理由がよくわかりました。

もし、

「ムラサキシャンプーを使っても色があんまり入らない…」

という方は、ムラサキシャンプーの使い方が間違っているかもしれません。一度、下記記事を読んでみてくださいね▼

口コミもとても人気で、大容量の1000mlも発売されていますので、

コスパ重視の方にもおすすめです。

毛束を使って色の入り具合を実験しました

毛束3回テスト

このような色の変化になりました。

「クオルシア」の詳しい内容や口コミなどは下記の「もっと詳しくチェック>」から見てみてね!

\実際使ったわたしのレビュー/

\販売サイトをチェック/

おすすめ③:ソマルカ

ソマルカ カラーシャンプー パープル
項目詳細
価格150ml/定価2,200円
カラー
バリエーション
▶︎パープル
▶︎ピンク
▶︎アッシュ
▶︎オレンジ
▶︎ブラウン
染まりやすさ3.5
きしみにくさ4.0
コスパの良さ4.0
口コミ4.42
(全体2,484件)
おすすめ度4.3
※税込価格

爪が染まりにくく、次のサロンでのヘアカラーの直前まで使えるムラサキシャンプーを選ぶなら「ソマルカ」のムラサキシャンプーをおすすめします。

カラーシャンプーやカラーバターなど、髪の毛に色が入るヘアケア用品は、髪の毛に色が残ってしまい、美容師さんがカラーリングしようと思っても思ったような色にならない時があります。

なので、美容院に行く数週間は、カラーシャンプーやカラーバターを使わないようにしたほうが、カラーリングがうまくいきます。


いつでも髪色は
綺麗に保っておきたい!

という方は、「ソマルカ」のムラサキシャンプーがいいと思います。

毛束を使って色の入り具合を実験しました

毛束3回テスト

このような色の変化になりました。

「ソマルカ」の詳しい内容や口コミなどは下記の「もっと詳しくチェック>」から見てみてね!

\みんなの口コミを見てみる/

\販売サイトをチェック/

ムラサキシャンプーに関するQ&A

ムラサキシャンプーはカラーリング当日から使用した方がいいですか?

カラーシャンプーには、カラー色素を分解してしまう界面活性剤が入っています。カラーリング当日から使ってしまうと、色落ちしてしまう可能性があるので、最低でも次の日からの使用にしましょう。

ブリーチしただけの髪なら当日から使っても大丈夫です。

ムラサキシャンプーは毎日使った方がいいですか?

おすすめは、2〜3日に1度程度です。毎日使っても構いませんが、2〜3日使った時とさほど効果は変わりません。コスパ的にも2〜3日に1度程度がいいと思います。

どのくらいの量を使ったらいいですか?

カラーシャンプーは、髪の毛や頭皮を洗うことが目的ではなくカラー剤としての役割が大きいです。なので、普通のシャンプーより2倍〜3倍ほどの量を使い、髪の毛にしっかり色を入れるといいでしょう。

他のカラーシャンプーと混ぜて使えますか?

同じメーカーのものなら問題ないと思います。髪色を見ながら使ってください。

白髪の黄ばみは消せますか?

白髪の黄ばみもある程度は消すことができます。ただ、傷んだ髪の毛の方が色が入りやすいので、健康な白髪には色が入りにくいです。

ムラサキシャンプーまとめ

←スクロールできます→

商品名KYOGOKU ブルーパープルシャンプー
KYOGOKU
クオルシア パープルシャンプー
クオルシア
ソマルカ カラーシャンプー パープル
ソマルカ
価格200ml/3,267円(税込)250ml/1,870円(税込)
1000ml/4,800円(税込)
150ml/2,200円(税込)
カラーバリエーション▶︎ピンクパープル
▶︎ブルーパーブル
▶︎ブロンド
▶︎アッシュグレー
▶︎オリーブアッシュ
▶︎ピンク
▶︎アッシュ
▶︎パープル
▶︎オレンジ
▶︎パープル
▶︎ピンク
▶︎アッシュ
▶︎オレンジ
▶︎ブラウン
染まりやすさ
きしみにくさ
口コミ
おすすめ度
詳しく見る
商品の
リンク
販売サイトを見る販売サイトを見る販売サイトを見る
:大変良い、:良い、:可、:悪い

どれも、甲乙つけがたい優秀なカラーシャンプーですが、あえてタイプ別におすすめをいうならば、

  • 染まりやすさ、きしみにくさで選ぶなら>>>「KYOGOKU
  • 人気度、コスパの良さで選ぶなら>>>「クオルシア」」
  • カラーリングの直前までカラーシャンプーを使いたいなら>>>「ソマルカ

かなと思います。

わたしは、1分で色が入り、きしみにくい「KYOGOKU」を今メインで使っています。

いろいろ使ってみて、あなたの自分の髪質に合ったムラサキシャンプーを選んでもらえればと思います。

▼クリック!応援お願いします▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
おすすめムラサキシャンプー3選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

白髪染めやカラーリングをしても
すぐにまた根元が気になってしまう…そんな経験ありませんか?
そんな悩みをなんとかしたいと、
いろんなカラートリートメントや方法を調べたどり着いた答えが、
「白髪を生かしておしゃれを楽しむ」
↓↓↓
「Greyhair × Highlight」
白髪を生かして魅せる方法です!
もう、白髪には悩みません!!

コメント

コメントする

目次