【未来人】タイムトラベラーと言われるジョン・タイター|当たった予言|外れた予言【都市伝説】

スポンサーリンク

過去や未来を旅できる「タイムマシーン」。あったら乗ってみたいですか?

そんなタイムマシーンに乗って旅をしてきた未来人がいるそうです。その未来人とは、「ジョン・タイター(John Titor)」という人物。

ジョン・タイターと言う名前、聞いたことある方も多いかと思いますが、まずジョン・タイターがどんな人物かを解説していきます。

スポンサーリンク

ジョン・タイターとは

ジョン・タイター

ジョン・タイターは、2000年にアメリカのネットのオカルト掲示板に突然現れ、自らを「2036年の未来からやってきた未来人」だと書き込んだそうです。

ネットの掲示板ということで、なりすますこともできるし、始めは誰も信じませんでしたが、ジョン・タイターが載せたタイムマシーンの画像により、本当の未来人なんじゃないかと信じられ始めました。

そのタイムマシーンの画像がこちら

タイムマシーン設計図

調査した研究者たちによると、この公開したタイムマシーンの構造が理にかなっていると当時話題になりました。

ジョン・タイターによると、2034年、CERN(欧州原子核研究機構)がタイムマシーンの第1号試作機を作り、その後、ゼネラルエレクトリック社General Electric Company)が開発し、ジョン・タイターはその試作機に乗って2000年にやってきたそうです。

タイムマシーンに乗ったら

タイムマシーン

次に示すのが、ジョン・タイターが言っていたタイムマシーンに乗った時にどんな状態になるかです。とても興味深い内容です。

  • 目的の日付を入力。
  • 動場の形成。
    搭乗者の身体全身を包み込み、上昇感覚を覚える。
  • 装置の加速が始まり、周囲の光が屈曲していく。
  • 周囲が次第に暗くなり、真っ暗になる。
  • 景色が元に戻っていき、タイムトラベル完了。

映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」でも、同じようなシーンがありました。気になる方は見てみてください。

>>Huluバック・トゥ・ザ・フューチャー」をで見る

ジョン・タイターが2000年に現れた理由

UNIX時間イメージ

なぜ、ジョン・タイターが2000年に現れたかというと、「UNIX時間」問題を解決するために現れたとのことです。

UNIX時間とは、1970年から何秒経過したかで、今が何年何月かが判断されるシステムで、世のコンピューターはほとんどこのUNIX時間を使っているそうです。2038年に、このUNIX時間を使ったコンピューターが誤作動を起こすのを避けるために2000年にやってきたと、ジョン・タイターは語っています。

IBM5100と言うコンピューターがこのUNIX時間に関わる設定をしていて、IBM5100を回収するのがジョン・タイターの任務だそうです。

このIBM5100は特殊な言語を使って設計されていて、そのことを知っていたこともジョン・タイターが本物の未来人だと信じられた所以です。2004年に、IBM5100の開発に携わったボブ・デュービッケ(Bob Dubik)と言う人物も、特殊言語で作られていたことを認めています。

ジョン・タイターの当たっている予言

ジョン・タイターがこの時代に現れたのは、4か月間ほどですが、その間に掲示板に書かれた中で当たっていた予言をまとめました。

  • 001年
    ペルー地震
    。書き込みの4か月後に発生。
  • 2003年
    イラク戦争
  • 2003年
    狂牛病
    (牛海綿状脳症)発見。アメリカで第1号が見つかる。
  • 2005年
    新ローマ教皇誕生
    。ヨハネ・パウロ2世からベネディクト16世に変わる。
  • 2020年
    載せられた日本の地図が一部合致。

この中で、一番気になったのが「日本の地図」です。

ジョン・タイター予言日本地図

こちらが、ジョン・タイターが載せた「日本の地図」ですが、2020年の日本がこのような状態になっていると予言されました。

ここで注目なのが、赤い線で囲まれた部分「政府管理区域立ち入り禁止」です。皆さんの記憶にも新しい2011年の東日本大震災福島原発事故が起こりました。未だに立ち入り禁止になっているところもありますが、その地域に当てはまるんではないでしょうか?

蝦夷共和国新大和皇国で岡山あたりが新首都の「岡京」になっているのは、外れていますが、一部分当たっていると言ってもいいと思います。

ジョン・タイターの外れた予言

一方、ジョン・タイターの言っていたことと現実が違った予言は次の通りです。

  • 2004年
    この年のオリンピックが最後になる。
  • 2005年
    アメリカで内戦が起こる。
  • 2011年
    アメリカの内戦が原因で、アメリカ合衆国が解体。この翌年にアメリカ連邦帝国誕生。
  • 2015年
    ロシア連邦がアメリカ・中国・ヨーロッパの都市に核爆弾投下第三次世界大戦が勃発する。
  • 2017年
    30億人の死者が出て、ロシアが勝利する。
  • 2020年以降
    ほとんどの国が社会主義国家になる。

オリンピックも今年2021年行われていますし、第三次世界大戦は起こっていません。ただ、アメリカの内戦は2020年、黒人暴行死に対するデモが起こっています。年は違っていますが、少し当たっているのかもしれません。

掲示板に載せたことが外れたことについては、ジョン・タイターは次のように言っていました。

タイムトラベルすることで2.5%世界線がずれる。同じ世界に見えて少しだけ違う世界に来てしまう。

タイムマシーンに乗ることで、今いる世界と全く同じ世界に来れるかというと、そうでもないらしいです。それぞれの人々の選択によって、違う世界が同時進行でたくさん出来ていて、タイムトラベルでは2.5%ずれたところに行ってしまうようです。

まとめ

ジョン・タイターは本当に未来人だったのでしょうか?実際に会ったこともないし、本当のところはわかりませんが、タイムマシーン自体は作ることのできる技術だと、現代の科学者たちも言っているそうです。

だとしたら、すれ違った人にもしかしたら未来人がいるのかもしれませんね。興味深いです。

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました