【再現レシピ】げんこつハンバーグ|炭火焼レストランさわやか

スポンサーリンク

静岡県にしかない「炭火焼レストランさわやか」って知っていますか?知る人ぞ知るとても有名なハンバーグ屋さんで、今まで食べていたハンバーグはなんだったんだ!……というくらい、めちゃくちゃ美味しいハンバーグ屋さんです。

私が初めて「さわやか」に訪れたのは数年前で、昔、兄がこの近辺に住んでいて知っていたので、教えてもらって行ってみたのが始まりです。

本当に、いつ行っても美味しいんです。でも、人気がありすぎてオープン時間を目指してお店に行っても、2、3時間待ちは当たり前……。待つのにはなかなか根性が要ります。

そんなわけで、家でその「さわやか」のハンバーグを作れないかと、再現して作ってみました!

スポンサーリンク

さわやかのげんこつハンバーグ

出典:炭火焼レストランさわやか グランドメニュー

さわやか」のハンバーグは牛肉100%のハンバーグです。つなぎなどは使われてなく、塩・黒こしょうが効いたハンバーグです。

看板商品は、250gの「げんこつハンバーグ」と200gの「おにぎりハンバーグ」です。いつも私はたくさん食べたいので、「げんこつハンバーグ」を頼みますが、ぺろっと食べてしまいます。

炭火焼で焼いて、それをテーブルで店員さんが半分に切って、鉄板の上でさらに焼いてくれます。そして、ソースをかけていただきます。ソースは「オニオンソース」と「デミグラスソース」の2種類から選べますが、私はいつも人気No.1の「オニオンソース」を選びます。とっても美味しいです!

食べログ」にも何店舗か情報がありますので、気になる方は見てみてください。
>>>食べログで「炭火焼レストランさわやか」を見てみる

【再現レシピ】げんこつハンバーグ

再現げんこつハンバーグ

さわやか」と言えば「げんこつハンバーグ」です。そのハンバーグを自分の味覚を頼りに再現してみました。

材料

  • 牛肉(ブロック) 300g
  • 塩 小さじ1/2
  • 黒こしょう 適量
  • 油 適量
  • 付け合わせの野菜 お好みで

《大根ポン酢ソース(オリジナル)》

  • 大根 3㎝ほど
  • ポン酢 大さじ3

作り方

フードプロセッサーに、一口大に切った牛肉(300g)、(小さじ1/2)、黒こしょう(適量)も加え、粘りが出るまでフードプロセッサーをかける。粘りが出たらタネをまとめ半分にし、俵型に形作る。

再現げんこつハンバーグのレシピ

スキレットを温め、(適量)を薄く引き、俵型にまとめたタネを入れ、表面に焦げ目がつくまで焼く。全体が焼けたらナイフで半分に切り、内側の焼けてないところを焼いていく。(安全のため、赤いところが残らないように完全に火を通してください。)

再現げんこつハンバーグのレシピ

大根ポン酢ソースを作る。大根(3㎝)をすりおろし、出た水分を軽く絞り、そこにポン酢(大さじ3)を加えよく混ぜる。

お肉が焼けたら、付け合わせの野菜を盛り付け、大根ポン酢ソースをかける。

POINT

  • 今回は、「さわやか」のオニオンソースではなく、オリジナルの「大根ポン酢ソース」を作りました。こちらもさっぱりして美味しいです。
  • フードプロセッサーのかけ具合は、自分好みの細かさにしてください。粗挽きにするとステーキ感が高まります。

そのまんま肉バーグ

さわやか」のハンバーグをお家で食べたい!とレシピを考えましたが、もっと簡単にネットで「さわやか」のハンバーグに似通った商品を買うことができます。

さわやか」のハンバーグの直販はありませんので、あくまでも似通った商品になりますが、味はとても美味しいです。

その名も、

そのまんま肉バーグ

です。

さわやか」のハンバーグの味を知っている方も「美味しい!」と絶賛のようです。

気になる方は、ぜひ注文してみてください!

「そのまんま肉バーグ」のクチコミを見る>

あとがき

ブロックの牛肉をフードプロセッサーに入れて混ぜるだけなので、玉ねぎを炒めてパン粉を入れる普通のハンバーグより簡単にできました!そして、味も美味しくできました!

さわやか」のハンバーグのようになったかというと……ちょっとまだまだあの美味しさには追いつけてないです。ですが、これからもっと研究して「さわやか」のハンバーグに近づけるように頑張ります。

ああしたらいいかなって、少し思うところがあるので、またもっと美味しく出来上がったら更新していきたいと思います。

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました