【男子ごはん】「チョコオレンジソースのブランマンジェ」のレシピ|#659 ビストロみたいな料理第2弾

スポンサーリンク

2021年2月7日(東海地方は2月25日放送)の男子ごはんのレシピになります。

過去の男子ごはんのレシピが見たい方はこちら

>>>男子ごはん【まとめ】バックナンバー

スポンサーリンク

チョコオレンジソースのブランマンジェ

ブランマンジェとは、フランス語で「白い食べ物」の意味。牛乳砂糖生クリームなどをゼラチンで固めた冷たいデザートです。

チョコオレンジソースのブランマンジェ

(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/

材料

《ブランマンジェ》

  • 水 大さじ2
  • 粉ゼラチン 5g
  • グラニュー糖 70g
  • 生クリーム 200cc
  • 牛乳 300cc
  • グランマニエ(またはコアントロー) 大さじ2

《オレンジソース》

  • オレンジ 1個
  • グラニュー糖 45g

《チョコソース》

  • 板チョコレート 1枚(50g)
  • 生クリーム 100cc

作り方

粉ゼラチン(5g)に(大さじ2)を加え、ゼラチンをふやかす。

鍋に牛乳(300cc)を入れて中火にかける。沸騰させないように気をつける。

★SHINPEI’S POINT★

沸騰させすぎるとゼラチンが固まりにくくなる。

牛乳グラニュー糖(70g)、ふやかしたゼラチンを加え弱火で溶かす。ゼラチンが溶けたらグランマニエ(大さじ2)を加える。

鍋を氷水にあてて常温に冷ます。

別のボウルに生クリーム(200cc)を入れ6分立てくらいに泡立てる。

冷ました牛乳に泡立てた生クリームを少しずつ加えながら混ぜ合わせる。滑らかになる混ぜ合わせ、お好みの容器に入れて冷蔵庫で40分ほど冷やし固める。

《オレンジソースを作る》

オレンジ(1個)の皮を薄めに削ぎ、千切りにし、水を張った鍋に加え10分ほど中火で下茹でする。

皮に残ったオレンジを絞って別の小鍋に入れ、細かく刻んだ果実も加える。

茹でていた皮をザルにあげ、水気を切り、果実と果肉が入った鍋に加え、そこにグラニュー糖(45g)を加え、中火で6分ほど煮詰める。

《チョコレートソースを作る》

生クリーム(100cc)を加えて中火にかける。生クリームが温まったら、細かく割った板チョコレート(50g)を加える。チョコレートが溶けてきたら火を止め、さらに混ぜ溶かしていく。

《盛り付け》

ブランマンジェに冷やしたチョコソースをかけ、オレンジソースをかける。


▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました