【男子ごはん】「カリカリ玉ねぎと鯛のリゾット」のレシピ| #645 兵庫県のご当地グルメ

スポンサーリンク

2020年10月25日(東海地方は11月12日放送)の男子ごはんのレシピになります。

過去の男子ごはんのレシピが見たい方はこちら

>>>男子ごはん【まとめ】バックナンバー

スポンサーリンク

カリカリ玉ねぎと鯛のリゾット

今回は、淡路島特産の明石鯛玉ねぎを使った美味しいリゾットを作ります。

カリカリ玉ねぎと鯛のリゾット

(出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/

材料

  • 鯛 1尾
  • 玉ねぎ 1個(200g)
  • 米(洗って水気を切ったもの) 1合
  • だし昆布 7g
  • オリーブ油 大さじ2
  • パルミジャーノ・レッジャーノ 8g
  • にんにく(みじん切り) 1片
  • パセリ(みじん切り) 適量
  • 生クリーム 50cc
  • 酒 大さじ2
  • バター 5g
  • 水 1200cc
  • 揚げ油 適量
  • 塩 適量
  • 黒こしょう 適量
  • 片栗粉 適量

作り方

リゾットに入れる玉ねぎ(1/2個)はみじん切りにする。フライドオニオンにする玉ねぎ(1/2個)は縦薄切りにし、さらに半分の長さに切る。

(1尾)を3枚におろす。の身の部分は腹骨をそぎ切りにし、中骨を骨に沿って包丁を入れて取り除く。鯛の骨(半分にボキッと折る)と腹骨中骨(適量)を振り、グリルでこんがりと焼く。鯛の身は氷水で冷やして水気をふき取る。

鍋に(1200cc)を入れて沸かし、(大さじ2)、だし昆布(7g)、焼いた鯛のあらを加える。沸いてきたら弱火で蓋をして40分煮る。40分煮たらだし汁をこす。

ボウルに薄切り玉ねぎを入れ、片栗粉(適量)をまぶし、熱した揚げ油(適量)で揚げる。玉ねぎがきつね色になったら取り出し、油を切っておく。

鯛の半身は半分に切って、皮部分に切り込みを入れる。(小さじ1/3)、黒こしょう(適量)で鯛の両面に下味をつけ片栗粉をまぶす。

熱したフライパンにオリーブ油(大さじ1)をひき、鯛の皮部分を下にして強めの中火で焼く。焼き目がついたらひっくり返して弱めの中火で焼く。最後にバター(2.5g)を加える。もう一切れも同様に焼く。

鍋にオリーブ油(大さじ1)とみじん切りにしたにんにく(1片)を加え熱したら、みじん切りにした玉ねぎを加えて炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、(1合)を加えて炒める。が透き通ってきたら火を止める。

★SHINPEI’S POINT★

熱いままだと水分が蒸発してしまうので、米が透き通ってきたら火を止める。

こしただし汁(200cc)を入れ、再び強火にかける。汁気がなくなってきたら再びだし汁(100cc)を足し煮込む。また、汁気がなくなってきたら残りのだし汁(100cc)を入れ煮込む。

汁気がなくなってきたら、生クリーム(50cc)、パルミジャーノ・レッジャーノ(8g)をすりおろして加える。最後に、(小さじ1/2)で味を調える。

お皿にリゾットを盛り付け、フライドオニオンをほぐしながらのせる。その上にソテーした鯛を乗せ、黒こしょう(適量)、パセリ(適量)をのせる。


▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました