【海外のレシピ】牛テールのトマト煮込み|ラボ・デ・トロ|スペイン料理|

スポンサーリンク

ラボ・デ・トロ」はスペインアンダルシア地方コルドバの郷土料理で、牛テールをシェリー酒、トマト、香味野菜で煮込んだ料理です。「ラボ」は「尾っぽ」、「トロ」は「雄牛」という意味で、つまりはオックステールの煮込みになります。

牛テールが手に入らない方は、手に入る牛の塊肉で作ってみてください。

今回、私は、サーモスの「ラボ・デ・トロ」のレシピを参考にして、自分が作りやすいように分量や作り方を変えています。

参考:サーモス「ラボ・デ・トロ」のレシピ

スポンサーリンク

ラボ・デ・トロ

ラボ・デ・トロ

材料

  • 牛テール肉(手に入らない場合は牛塊肉) 300g
  • にんにく 1片
  • 玉ねぎ 1個
  • にんじん 1/2本
  • セロリ 1/4本
  • ピーマン 1個
  • パプリカ 1/4個
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • 小麦粉 適量
  • オリーブ油 大さじ2
  • バター 10g
  • 白ワイン 1/2カップ
  • トマトの水煮 1缶
  • 水 1カップ
  • サフラン 1つまみ
  • ローリエ 1枚
  • はちみつ 大さじ1

作り方

牛肉(300g)は大きめの塊に4つに切り、(少々)、こしょう(少々)、小麦粉(適量)を振る。

にんにく(1片)と玉ねぎ(1個)は縦にスライス、にんじん(1/2個)は薄いいちょう切り、セロリ(1/4本)は斜めに薄切り、ピーマン(1個)とパプリカ(1/4個)は2㎝ほどの乱切りにする。

フライパンにオリーブ油(大さじ1)を熱し、小麦粉を振った牛肉を入れ、表面をこんがり焼いていく。表面が焼けたら取り出す。

フライパンにオリーブ油(大さじ1)を追加し、バター(10g)、にんにく玉ねぎを入れ、焦がさないように10分ほど弱目の中火で炒める。

白ワイン(1/2カップ)、トマトの水煮(1缶)、(1カップ)、にんじんセロリピーマンパプリカを加え、焼いた牛肉を戻し煮込んでいく。沸騰したらアクを取り、サフラン(ひとつまみ)、ローリエ(1枚)を入れ1時間ほど煮込む。

(少々)、こしょう(少々)、はちみつ(大さじ1)を加えて味を調える。

POINT

  • 今回私は、牛テール肉を使いましたが、1時間煮込んでも硬くてなかなか食べにくかったです。他の塊肉を使うか、牛テール肉を使う場合は圧力鍋を使ったほうがいいと思います。
  • 野菜は、他にもじゃがいもナスなど好きな野菜を入れて煮込んでください。

あとがき

牛テール肉は今まで使ったことがなかったのですが、とっても硬くて歯が立ちませんでした。トマトソースの味はとても美味しくできたので、次回はもっと食べやすい牛の塊り肉で作ってみようと思います。

でも、牛テール肉を使うと骨の部分からコラーゲンが出てくるから、味は牛テール肉の方が美味しいと思います。

皆さんも作ってみてくださいね。

おうちで海外の料理を作ってみよう

海外のレシピ

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました