【きょうの料理】鶏むね肉とチンゲンサイの中華炒め|栗原はるみレシピ|おいしいのきっかけ

スポンサーリンク

2020年11月11日放送の、NHKきょうの料理おいしいのきっかけ」でやっていた栗原はるみさんのレシピです。

切り方の工夫と味付けで極上の味わいに

鶏むね肉とチンゲンサイの中華炒め

では、早速作り方です。

スポンサーリンク

鶏むね肉とチンゲンサイの中華炒め

鶏むね肉とチンゲンサイの中華炒め

出典:きょうの料理「おいしいのきっかけ」より

材料(4人分)

  • 鶏むね肉(半冷凍) 1枚(230g)
  • チンゲンサイ 4株(400g)
  • ゆでたけのこ 80g
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • ねぎ(青い部分) 1本分

《鶏むね肉の下味》

  • 紹興酒(または酒) 大さじ1/2
  • ごま油 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 片栗粉 小さじ1
  • こしょう 少々

《合わせ調味料》

  • 顆粒チキンスープの素(中華風) 小さじ1
  • お湯 カップ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • オイスターソース 大さじ1
  • 紹興酒(または酒) 大さじ1
  • 塩 少々
  • 片栗粉 大さじ1.5
  • 水 大さじ1.5
  • サラダ油 大さじ1
  • ごま油 適量
  • 揚げ油 適量

作り方

チンゲンサイ(4株)は茎と葉の間で切り、茎の部分はは5〜6㎜幅に縦に切り、葉の部分は大きければ2等分に切る。ゆでたけのこ(80g)は、5〜6㎝の長さに千切りにしておく。半冷凍にした鶏むね肉(1枚)は、3㎜の厚さのそぎ切りにし、重ねて細切りにする。

鶏むね肉は半冷凍にしておくと細く切りやすい。

今回、胸肉にした理由は細切りにした時に綺麗に切れるから。

ボウルに、細切りにした鶏むね肉を入れ、紹興酒(大さじ1/2)、しょうゆ(小さじ1)、砂糖(小さじ1)、ごま油(大さじ1)を加えよく揉み込む。そこに、片栗粉(小さじ1)、こしょう(少々)を加えさらに混ぜる。

140〜150℃に熱した油で、鶏むね肉を油通しする。完全に火を通す必要はないので色が変わってきたら、ザルで油をきる。

油通しをすると鶏肉のうまみを閉じこめ柔らかく仕上がります。

ボウルに、中華風の顆粒チキンスープの素(小さじ1)をお湯(カップ2)で溶き、そこに、しょうゆ(大さじ2)、オイスターソース(大さじ1)、紹興酒(大さじ1)、(少々)を加えよく混ぜ、火にかけ温めておく。

中華料理はスピード勝負なので、調味料を温めておくのがポイント!

フライパンを弱火で熱し、サラダ油(大さじ1)を入れ、つぶしたにんにく(1片)、つぶしたしょうが(1片)、縦半分に切ったねぎの青い部分(1本分)を加え、少し熱し、強火にしたら、そこにチンゲンサイの茎の部分を加え炒める。少ししたら、チンゲンサイの葉の部分と千切りにしたたけのこ、油通しをした鶏胸肉を加え軽く炒める。

温めておいた調味料を加え、そこに水溶き片栗粉(水、片栗粉:各大さじ1・5)を加え、よく混ぜとろみをつける。最後に、ごま油(適量)を加える。

こちらもチェック!

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました