【海外のレシピ】南米のお刺身サラダ|セビーチェ|メキシコ料理|

スポンサーリンク

海外にも、お魚を生で食べるレシピがあります。

それは「セビーチェ」という料理で、ラテンアメリカで食べられる魚介類のマリネのことです。ペルーメキシコエクアドルなどでよく食べられます。

使われる魚介類は、白身魚エビタコイカなどの甲殻類、ホタテハマグリなどの貝類がよく使われます。中には、ウニザリガニモツなどが使われることも。

そこに、ハラペーニョなどの唐辛子やにんにく玉ねぎトマトなどの野菜を加え、レモン汁パセリオレガノなどの香辛料と塩で味を整えるそう。

入れる具材や味付けは、家庭やレストランによって違うので、いろんなところでセビーチェを食べてみるのも楽しいかも!

では、早速、先日私が作ったセビーチェを紹介します。

スポンサーリンク

緑のセビーチェ

セビーチェ

【材料】

  • イカ 100g
  • 刺身 100g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • ピーマン 半分
  • きゅうり 半分
  • ホワイトセロリ 30g
  • ブロッコリースプラウト(飾り用) 適量
  • レモン 半分
  • オリーブオイル 大さじ3
  • 豆板醤 小さじ1
  • 塩 少々
  • マキシマム 適量

【作り方】

イカ(100g)は、食べやすい大きさに切り、(小さじ1:分量外)を入れたお湯で湯がき、ザルにあげ冷ましておく。

玉ねぎ(1/4個)は薄くスライス、ピーマン(半分)ときゅうり(半分)は5㎜くらいのみじん切り、ホワイトセロリは3㎝くらいの長さに切る。刺身は食べやすい大きさに切る。

今回のお刺身は、スーパーで切り落としがお安く売っていたので、マグロやサーモン、鯛などいろんな刺身の切り落としを使いました。

ボウルに、レモン(半分)を絞り、豆板醤(小さじ1)、オリーブオイル(大さじ3)、マキシマム(適量)を加え、よく混ぜ、湯がいたイカ刺身切った野菜、を加えよく混ぜる。

器に盛り付け、飾りにブロッコリースプラウト(適量)を添える。

あとがき

使う野菜は、冷蔵庫の残り物でいいと思いますが、玉ねぎピーマンセロリなどの香味野菜を入れると美味しいと思います。ホワイトセロリは、三つ葉みたいな見た目で味はセロリといった野菜です。

マキシマムは、スパイス調味料で胡椒の効いたミックススパイスで、コンソメのような味わいです。マキシマムがない方は使わなくてもOKです。

また、本場ではハラペーニョなどの唐辛子をそのまま使うものも多いですが、私は辛さがそこまで得意ではないので豆板醤で代用しました。

今回は、緑の野菜ばかりを使い「緑のセビーチェ」にしましたがトマト紫玉ねぎ赤パプリカを使って「赤のセビーチェ」も美味しそう!

暑い時期には、爽やかで酸味の効いた料理が食も進むしおすすめです。

ぜひ、作ってみてください!

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました