【ハケンの品格】美味しそうな会社の社食|スパイスたっぷりのむーやんカレーを作ってみた!

スポンサーリンク

先日、やっていたドラマ「ハケンの品格」で六角精児さん演じる牟田(むーやん)が作るカレーが美味しそうだったので、作ってみました!

ドラマにレシピは載っていませんでしたが、材料は大体わかったので勘と感覚で作りました。ドラマ上では、玉ねぎを3時間炒めるのがポイントとして作っていましたが、3時間も炒めるのはしんどいので、時短であめ色玉ねぎを作る裏技を使っています。

スポンサーリンク

むーやんのスパイスカレー

材料

  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく 1片
  • しょうが 1片
  • 鶏もも肉 300g
  • 油 合計大さじ3
  • 塩 小さじ1
  • 水 300cc
  • ケチャップ 大さじ1

《スパイス》

  • クミン 大さじ1
  • コリアンダー 大さじ1
  • ターメリック 大さじ1
  • ガラムマサラ 大さじ1
  • チリペッパー 小さじ1

スパイスは手にはいるスパイスでいいです。最低でも、クミン(カレーの味になる)、ターメリック(カレーの黄色が出る)、ガラムマサラ(味に深みが出る)は揃えたほうがいいです。辛いのが好きな人はチリペッパーも!

作り方

玉ねぎ(1個)をみじん切りにし、耐熱容器に広げ600Wで3分間加熱する。鶏もも肉(300g)はひと口大、にんにく(1片)はみじん切り、しょうが(1片)はすりおろしておく。

熱したフライパンに(大さじ1)を引き、レンジでチンした玉ねぎを加え弱火であめ色になるまで炒める。あめ色になったら一度取り出しておく。

時短で早く炒める!簡単10分であめ色玉ねぎを作る方法
カレーやハンバーグ、オニオングラタンスープなどを作る時、玉ねぎをじっくり何時間も炒めて、あめ色玉ねぎを作る必要があります。でも、そんなに何時間も玉ねぎを炒めている時間などない!という主婦の方は多いと思います。そこで...

玉ねぎを炒めた同じフライパンに(大さじ1)を引き、鶏肉にんにくしょうがを加え、表面に焦げ目がつくまで炒める。鶏肉も一度取り出しておく。

同じフライパンに(大さじ1)を引き、火をつける前にスパイスクミンコリアンダーターメリックガラムマサラチリペッパー、各大さじ1)をフライパンのの上に入れる。弱火で火をつけ、香りが出るまで炒める。

あめ色玉ねぎ、炒めた鶏肉をフライパンに戻し、(小さじ1)を加えさらに炒める。

(300cc)とケチャップ(大さじ1)を加え10分ほど煮詰める。

スパイスを揃えよう!

スパイス5点セット
クミンシード 100g
コリアンダーパウダー 100g
ガラムマサラ 100g
チリペッパーパウダー(唐辛子粉末) 100g
ターメリックパウダー 100g
スパイスボトル 10個

あとがき

ドラマの中では鶏肉は手羽元でしたが、家に鶏もも肉しかなかったので鶏もも肉で作りました。もしかしたら、手羽元でよく煮込んだ方が出汁が出ていいかもしれません。

あと、少し甘みが欲しかったのでドラマでは入れていないであろうケチャップも入れています。オクラがあったので彩りで散らしてあります。本格派なカレーの味でした!

スパイスカレーは難しそうに思いますが、好みのスパイスを油で炒めて香りを出せば簡単です。また、いろんなスパイスカレーを作ってみたいと思います。

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました