【志麻さんレシピ】コロッケ|伝説の家政婦・タサン志麻|沸騰ワード10

スポンサーリンク

2020年11月6日放送の、「沸騰ワード10」でやっていた伝説の家政婦志麻さんのレシピです。

今回は、V6井ノ原快彦さんを迎えて、秋の旬食材をふんだんに使って衝撃のレシピを教えてくれました。

沸騰ワード10」をもう一度見たい方は、Huluで見れます
>>Huluなら2週間無料で視聴できる<<

では、早速作り方です。

スポンサーリンク

コロッケ

コロッケ

材料

  • じゃがいも 3個
  • 玉ねぎ 1個
  • 油 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • バター 10g
  • 合挽き肉 200g
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 適量
  • 砂糖 小さじ1
  • パン粉 適量
  • 揚げ油 適量
  • バター(揚げ油用) 10g

《バナナソース》

  • バナナ 1本
  • しょうゆ 大さじ1.5
  • トンカツソース 大さじ1.5

※分量は番組を見た私の目分量ですので、調理の際は、ご自分の味付けに調整していただくようお願いします。

作り方

じゃがいも(3個)を水でよく洗い、1個ずつラップで包み600Wで6分間加熱する。

玉ねぎ(1個)はみじん切りにし、(大さじ1)を引いたフライパンに入れ、(ひとつまみ)をふり入れて炒めていく。が全体にまわったら、バター(10g)を入れ、さらに炒めていく。

お肉屋さんのコロッケラードを使っているので甘みが出ます。家に常備している人は少ないのでバターで代用します。

合挽き肉(200g)を加え、肉の色が変わるまで炒める。(小さじ1)、こしょう(適量)、砂糖(小さじ1)を加え全体に味をつける。

加熱したじゃがいもは、熱いうちに皮をむいてスプーンなどで潰しひき肉と合わせる。

じゃがいもは、熱いうちの方が味が入っていくので、熱くても頑張って皮を剥きましょう。

コロッケのタネは3㎝くらいの丸型に成形し、パン粉(適量)をつける。1㎝ほどの(適量)を熱し、フライパンで揚げ焼きしていく。

コロッケは、俵形や小判型より、丸型にした方がフライパンに満遍なく入り、揚げるのが1度で済む。お弁当にも入れやすい。

コロッケがきつね色になってきたら、バター(10g)を加えてさらに揚げていく。

バナナ(1本)をすりおろし、すりおろしたバナナ半量としょうゆ(大さじ1.5)、バナナ半量とトンカツソース(大さじ1.5)とよく混ぜる。

志麻さんの他のレシピを見たい方は
>>「志麻さんレシピ特集」<<

志麻さんみたいなプロの料理人・栄養士に「作り置き」おかずを作ってもらえる家事代行サービス

志麻さんレシピ本特集

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました