【海外のレシピ】チーズと黒こしょうのパスタ|カチョ・エ・ぺぺ|イタリア料理

スポンサーリンク

昔は、卵やお肉はすごく貴重なものだったので、チーズを使った一般市民の人たちが簡単に作れるイタリアの家庭料理カチョ・エ・ぺぺ」を紹介します。

カチョ」は「チーズ」、「ぺぺ」は「黒こしょう」という意味で、いわゆる、「チーズと黒こしょう」のパスタです。

材料は、パスタチーズ黒こしょうのみ!

では、早速作ってみましょう。

スポンサーリンク

カチョ・エ・ぺぺ

カチョ・エ・ぺぺ

材料(2人前)

  • ペコリーノ・ロマーノチーズ 100g
  • パルメザンチーズ 30g
  • パスタ 200g
  • 水 500cc
  • 塩 小さじ1
  • 黒こしょう 適量

作り方

小さめの鍋に(500cc)、(小さじ1)を入れお湯を沸かし、パスタ(200g)を入れ袋の表示時間より2分短めにゆでる。

ゆで汁を使ってチーズクリームを作るので、お湯は少なめの500ccで茹でます。お湯を少なめにすることで、パスタデンプンがよく出て滑らかになります。

フライパンで黒こしょう(適量)を煎り、ゆで汁をお玉1杯加え、煮立たせて香りを引き立てる。茹で上がったパスタをフライパンに加え、さらに2分火にかける。

ボウルに、ペコリーノ・ロマーノチーズ(100g)、パルメザンチーズ(30g)を入れ、そこにゆで汁をお玉2〜3杯加え、よく混ぜチーズクリームを作る。

フライパンの火を止め、チーズクリームを加え、パスタによく絡める。

器に盛り付け、上からパルメザンチーズ(適量)、黒こしょう(適量)をふりかける。

POINT

  • ペコリーノ・ロマーノチーズが手に入らなければパルメザンチーズだけで作ってもいいと思います。
  • パスタは、表面がザラザラしたものを使うとチーズクリームがよく絡みます。

あとがき

パスタチーズ黒こしょうだけなので、何も冷蔵庫に無くても手軽に作れていいですね。さらに、冷蔵庫の残り物、ハムベーコンきのこなどを入れると、栄養も足されて美味しい「カチョ・エ・ぺぺ」になると思います。

ぜひ、お試しください!

こちらもチェック!
【海外のレシピ】イタリア人が教える本場ローマの「カルボナーラ」|イタリア料理
カルボナーラはローマで生まれたパスタで、炭鉱で働いていた労働者が作ったのが始まりです。日本のカルボナーラはクリーミーでとろりとしたソースを思い浮かべますが、本場のカルボナーラは少し違います。そんな、本場ローマのカルボナーラを、ロー...
【海外のレシピ】外国の料理を作って海外旅行気分を味わおう!
最近、外出もままならないから、お家で外国の料理を作って外国に行った気分を味わってしまいましょう!まだ、レシピ数は少ないですが、随時アップしていく予定ですので、また覗きに来てください。アジアの料理インド料理...
【男子ごはん】「トリンチャット」のレシピ| #603 600回突破記念!新春90分スペシャルinスペイン!!
2020年1月5日の男子ごはんのレシピになります。過去の男子ごはんのレシピが見たい方はこちら>>>男子ごはん【まとめ】バックナンバートリンチャットトリンチャットとは、いわゆるキャベツの入った...
【海外のレシピ】伝説の家政婦・志麻さん直伝|ラム肉の煮込み「アリコムトン」|フランスの家庭料理|
先日放送の「沸騰ワード10」で伝説の家政婦、タサン志麻さんのレシピ「アリコムトン」を作ってみました。「アリコムトン」とはフランスの家庭料理で、ラム肉をソテーして、そこにトマトや豆を入れて煮込んだものです。ラム肉の香りが良く、とても...

▼クリック!応援お願いします!▼

PVアクセスランキング にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました